セレネ


【セレネ】
~月の魔法~

ギリシア神話の月の女神

ギリシア神話において「月の女神」と言えば「アルテミス」が有名ですが、
アルテミスが狩猟や貞潔の女神であるのに対して(したがって森に住んでいたりする)※1、
ギリシア語の「月」を意味する
「セレネ」は、
月そのものの女神です。

古来、月は、動植物の繁殖や魔術と関連があるとされてきたため、
「月」そのものを指す女神セレネも

「繁殖」「性生活」
に影響をもたらす女神
「魔法」と関連のある女神

とされました。

ティターン神族※2の
ヒュペリオーン(太陽神・光明神)と
テイアー(神聖の女神)
の娘で、
ヘリオス(太陽神)
エオス(曙の女神)
の兄弟姉妹。
ゼウスとの間には、
娘パンディア(露)を産みました。

美男の羊飼い(一説ではエーリスの王)エンデュミオーンに恋をし、
ゼウスに願い
彼に永遠の眠り(不老不死)を与え、
彼の眠っている岩屋を毎夜訪れては 50人の娘(暦月の女神メーネ)を産みました。

銀の馬車に乗り
夜空をかけ
月光の矢を放ちます。

作品では、
不思議な月夜を思わせる、
幻想的で妖艶な美しさ
を意識してデザインしました。


強く黒い天然石
「オニキス(黒瑪瑙)」

国産の樹脂パール
「ルミナパール」 (ネックレス)

まるで夜空の虹のような
「ブラックシェル」

ルミナパールは、鮮やかなのにブラックシェルやオニキスにもマッチする、上品でいて複雑な輝き。国産ならではの高品質なカラーです。
黒~虹色~白へと、角度によって色を変えるブラックシェルは、一つ一つ異なり個性的な印象を与えます。まるで「夜空の虹のような」魔法アイテムです。

セレネが、
幻想的に輝く月の魔法で、
大人の女性の魅力を
引き出してくれるでしょう

*ネックレス*

長さ:約42.5cm/約60cm
マグネットクラスプ付チェーンを
繋げた状態 約60cm
外した状態 約42.5cm

素材:天然石(オニキス(黒瑪瑙))・ブラックシェル・国産ルミナパール・金属・ガラス

留め具:マグネットクラスプ

 

*イヤリング・ピアス*

新たに2種類増えて、3種類になりました!

1、ブラックシェルとコイン型オニキスのイヤリング・ピアス

 

2、ブラックシェルとドーナツ型オニキスとレッドカラージェードのイヤリング・ピアス

 

3、ブラックシェルとメタルリングのイヤリング・ピアス

 

1、トップ約6cm 素材:ブラックシェル・天然石(オニキス(黒瑪瑙))・金属(真鍮・ステンレス)・ガラス

2、トップ約5cm 素材:ブラックシェル・天然石(オニキス(黒瑪瑙)・レッドカラージェード)・金属(真鍮・ステンレス・sv925)・ガラス

3、トップ約4cm 素材:金属(真鍮)・ブラックシェル

イヤリング金具:クリップ式(真鍮にニッケルフリーロジウムメッキ仕上げ)樹脂カバー付き

ピアス金具:フック式
(1、ステンレスにニッケルフリーロジウムメッキ仕上げ 2と3、sv925にニッケルフリーロジウムメッキ仕上げ)
樹脂キャッチ付き

ブラックシェルは、とても個体差があります。一つ一つ異なる輝きをお楽しみください。

 

 

*****

エンデュミオーンとの恋

セレネの神話の中で、
最も有名なお話は、
美青年エンデュミオーンとの恋です。

ある夜、山頂で寝ていた羊飼い
エンデュミオーン※3。
彼の美しさに一目ぼれしたセレネは、
毎夜彼のもとに訪れては、
夢の中で愛し合うのでした。
しかし、不老不死の神とは異なり、
いずれは老いて死んでしまう彼に
耐えられなくなったセレネ。
主神ゼウスに、
彼の不老不死を願います。
ゼウスは、
エンデュミオーンを永遠に眠らせ
不老不死にしました。
セレネは、
彼が眠っているの岩屋に訪れ、
夢の中で交わりを重ね、
50人の娘(暦月の女神メーネ)を産みました。

Benedetto Gennari II (1633–1715) [Diana and Endymion]

Francesco Solimena (1657–1747) [Diana and Endymion ]1705-1710

Jérôme-Martin Langlois (1779–1838) [Diana and Endymion ]1822

Sebastiano Ricci (1659–1734) [Selene und Endymion] 1713

Edward Poynter (1836–1919)[The Visions of Endymion]1902

※1 元々自然神の要素が強かった「狩猟や貞潔の女神アルテミス」の双子の兄「アポロン」が、「太陽神ヘリオス(セレネの兄)」と同一視されるようになると、「アルテミス」も「月の女神セレネ」の要素を受け継ぎました。
※2 ゼウスを主神とするオリュンポス十二神の先代神族。巨神族。すなわち、ゼウス以前の古い神々。
※3 エンデュミオンは、「羊飼い」と「エーリスの王」の説とあります。

参考文献
マイケル・グラント/ジョン・ ヘイゼル共著 木宮 直仁/西田 実/入江 和生/中 道子/丹羽 隆子共訳『ギリシア・ローマ神話事典』大修館書店
高津春繁『ギリシア・ローマ神話辞典』岩波書店
山北篤監修『西洋神名事典』新紀元社