バステト


バステト
~女性的美徳の雌猫~
(古代エジプト神話)

古代エジプトにおける、猫の頭を持つ女神。
古代エジプトでは、猫は、特に好まれた動物でした。野生の猫が、ネズミを追って人家に棲みついたのが始まり。人からみると「穀物を食べる害獣を捕ってくれる動物」。猫からみると「餌があり、天敵(大型のネコ科動物など)から身を守ることができる場所」でした。お互い利益のある関係で、猫は大事にされました。
信仰の上では、雌猫は、バステトの神聖動物。神々と話ができる聖獣とされ、女性たちは、化粧で“ネコ目”を目指しました。


バステトは、
「音楽と快楽の女神」
「炉やかまどの女神」
「出産・多産の女神」
とされます。まさに、
女性的美徳の女主人です。


古代エジプトで愛されていた石を取り入れました。
 「幸運を呼ぶ石」カーネリアン
「黄金に映える青い石」ラピスラズリ

ワイルドなラフカットのカーネリアンは、雌猫のイメージで。ラピスラズリ、金色のオーラクリスタル、ホワイトシェル、マットゴールドのパーツが鮮やかな古代エジプトの雰囲気を醸し出します。

ラフカットのオレンジのカーネリアンは、一つ一つ形も色も異なります。(画像はサンプルになります。個体差がかなりあります。)

 

バステトが、
あなたに自信を与え、
本来あるべき女性らしさを
解放してくれる
そんなイメージを
作品にしました。

ネックレス

サイズ:約39.5cm+アジャスタ約5cm
素材:カーネリアン・オーラクリスタル・シェル・アクリルビーズ・ラピスラズリ・金属(真鍮にメッキ)・ガラス・ステンレスワイヤー
留め具:ナスカン(カニカン)+アジャスタ ジュエリーボックス付

イヤリング・ピアス

 

サイズ:トップ約4.5cm(イヤリング・ピアス金具含まず)
素材:カーネリアン・オーラクリスタル・金属(真鍮にメッキ)・ラピスラズリ・ガラス
イヤリングはネジバネ式(ゴムパッド付き。)ピアスはフック式(ゴムキャッチ付き。お好みで。落下防止にも。)

 

 

右イラスト[Bastet the Goddess of Cat in Ancient Egypt]Gunkarta
左写真[statuette of a cat] egyptian



*オーラクリスタル:金属を蒸着加工した水晶
*カーネリアン 和名:紅玉髄 石言葉「希望・成功」幸運。自信。ポジティブ。やる気を与えてくれるとされる石。ラッキーストーン。古代エジプトでは「幸運を呼ぶ石」「心臓のお守り」とされていました。
*ラピスラズリ 和名:瑠璃 石言葉「成功の保証」聖なる石・最高の力を持つ護符とされる。恋人たちの愛と夢を守るとされる。仏教では、七宝のひとつで幸運のお守り。最も古くから愛されている宝石の一つ。紀元前にはラピスラズリをサファイアと呼んだ。古代エジプトでは、黄金に映える“青い石”が好まれ、ファラオや妃の装飾品によく用いられました。

参考文献
村治笙子 著『カラー版古代エジプト人の世界ー壁画とヒエログリフを読む』岩波新書
ステファヌ・ロッシーニ リュト・シュマン=アンテルム 著/矢島文夫・吉田春美 訳『図説エジプトの神々事典〔新装版〕』河出書房新社
吉村作治 編著『古代エジプトを知る事典』東京堂出版
芝崎みゆき 画・文『古代エジプトうんちく図鑑』バジリコ株式会社
高平鳴海&女神探求会『女神』新紀元社
マンフレート・ルルカー著/山下主一郎 訳 『エジプト神話シンボル事典』大州館書店