ディアーナの森


ディアーナの森
(ローマ神話)

ディアーナは、ローマ神話に登場する「狩猟と月の女神」として知られていますが、もともとは「樹木の神」でした。
ギリシア神話のアルテミスと同一視されるようになり、アルテミスの要素を受け継ぐように。

作品【ディアーナの森】では、 多くの恵みをもたらす「森に住む自然神」の要素をテーマにしました。

ウッドビーズ・ラタンサークル・ラタンボール(ネックレスのみ)・美しいブルーの天然ターコイズ
ラタンパーツは、紅茶染めを施したオリジナルです。紅茶の渋みで、木や天然石と馴染みやすいカラーに仕上げております。
金具など金属類は、真鍮古美色(アンティークゴールドカラー)でシックに。
優しいブラウンとターコイズブルーが印象的な作品です。
ターコイズ(トルコ石)は、持つ人を守護する力が強いとされる天然石。

女神ディアーナの恵みと守護を意識したネックレス・イヤリング・ピアスです。

服は商品に含まれません。

サイズ:約90cm
素材:木・ラタン・天然ターコイズ・金属(真鍮)
留め具のない、かぶるタイプのネックレスです。

イヤリング/ピアス
サイズ:トップ約9cm(イヤリング・ピアス金具含まず)
素材:木・ラタン・天然ターコイズ・金属(真鍮)
イヤリングはネジバネ式。嫌な痛み軽減に、ゴムカバー付き/ピアスはフック式。落下防止に、樹脂キャッチ付

 

Leochares(copy)[ヴェルサイユのディアーナ]ルーブル美術館所蔵 Department of Greek, Etruscan and Roman antiquities, Sully, ground floor, room 17 撮影Marie-Lan Nguyen (2005年1月)

参考文献
高津春繁『ギリシア・ローマ神話辞典』岩波書店
山北篤監修『西洋神名事典』新紀元社