エーディン


エーディン
~ケルトの蝶~
(ケルト神話)

国中で一番美しい女性を新しい妻にしたいと考えた、ミディール神。見初められたのが、美貌のエーディンでした。
しかし、妻のファームナッハに嫉妬されて蝶にされてしまったエーディン、挙句の果ては嵐で飛ばされてしまいます。
1012年後に生まれ変わり、今度は、国中で一番美しい女性を妻にしたいと考えた、アイルランド王に見初められます。
そこへ最初の夫ミディール神が。
取り合いになった結果、エーディンは、人間である王の妻として生きることを自ら選択しました。

~ケルトの蝶~「エーディン」は、人間の女性でありながら、神をも虜にした美貌と、神が相手であっても、最後は自らの意思で選択した強さと
蝶の持つ儚さ、それらをあわせ持つ作品に仕上げました。

エーディンが
王や神をも虜にする魅力を引き出す、
きっかけを作ってくれるでしょう。

着用例

品番:ET
ネックレス サイズ:約38㎝~48.5㎝
素材:・天然石(アマゾナイト)・ガラス(スワロフスキーエレメント含む)・金属(真鍮にメッキ)
ネックレスは、チョーカーからプリンセスまで長さが調整できます。

イヤリング/ピアス
素材:天然石(アマゾナイト)・ガラス(スワロフスキーエレメント含む)・金属(真鍮にメッキ)
イヤリングはネジバネ式・ピアスはフックタイプ。


ケルト文様に見られるケルト独特の律動を意識して、美女・蝶・転生を表現した作品。
どうしてもこの形にこだわった結果、この形を維持する構造をデザインするのに何度も挫折し苦労した作品です。
ケルトは奥が深いと感じさせられました。