レトー


黒衣の柔和な女神
レトー
~浮島で神を産んだ地母神~
(ギリシア神話)

レトーは、オリュンポス神族から見ると敵のティターン神族コイオスとポイベの娘です。レトー自身には、戦闘能力はなく覇権争いにも参加しなかったため、ティターン神族でありながら罪に問われることのなかった、例外の女神でした。

(このあたりの事情に関しては、本ページ下部に。↑クリック)

そして、敵族でありながら、オリュンポス神族の主神ゼウスに愛されます。身ごもったレトーでしたが、ゼウスの正妻ヘラに「陽のあたる場所では出産できない」(もしくは、「陸地では出産できない」など、諸説あり。)という呪いをかけられます。(ヘラは、「レトーの子はヘラの子よりも偉大な神となる」という予言を、聞いていたため、何としても出産を止めたかった。)

臨月が来たレトーは、ギリシアにやってきましたが、ヘラの呪いによって、出産できる場所を見つけることができません。他の神々も、ヘラの怒りを恐れて、手を貸すことをためらっていました。レトーは、ギリシア中を放浪し、心身ともに疲れ切ってしまいました。

陸地で出産することをあきらめたレトーは、海に向かい、ゼウスの兄弟で海の神ポセイドンに助けを乞います。

海神ポセイドンは、海中に沈んでいた島を持ち上げ浮島にし、波を立て水の天蓋を施しました。1頭のイルカを迎えに出し、その浮島にレトーを迎えます。(沈んでいた島で陽があたったことのない場所のため、ヘラの呪いが効かなかった。)(浮島は陸ではないため、ヘラの呪いが効かなかった。)

やっと安息を得たレトーでしたが、陣痛が来ても出産できません。ヘラが、自分の娘である出産の女神エイレイテュイアに、レトーのところへ行くことを止めさせたためでした。

陣痛は九日九夜続きました。苦しむレトーを見て、他の女神たちが同情します。女神たちは、エイレイテュイアに高価な贈物をする約束をし、虹の女神イリスが、ヘラに見つからないようにエイレイテュイアをレトーの元へやりました。

こうしてレトーは、やっと出産することができました。そして、生まれた二人の子アポロンとアルテミスは、予言通り、ヘラの子よりも偉大な神となりました。

William Henry Rinehart (1825–1874)[Latona and Her Children, Apollo and Diana](ラートーナと彼女の子供たち アポロとディアーナ)© Ad Meskens / Wikimedia Commons
注釈:題名は、ローマ神話での神名 ラートーナは、ギリシア神話で言うレトー。※1

敵族であったティターン神族の娘レトーが、オリュンポス12神であるアポロンとアルテミスを産むことができたのは、元々、小アジアの地母神であったことと、覇権争いに加わらなかったこと、柔和な性格と深い愛情によるものだと考えます。

多くの困難を、神々に助けてもらい乗り越えて、偉大な神を生み出した女神。
それが、レトーです。

作品には、
柔和な女神のイメージ
レトーの出産と関わりの深い、
海のイメージを。

深海を思わせるようなダークブルーのマーキスシェルは、海とイルカのイメージ。
淡いホワイトのスクエアシェルとアメジストで、浮島のイメージを。
レトーは「黒い衣の乙女」とされることに因んで、黒いラインストーンのロンデルを選びました。
アメジスト(紫水晶)は、「愛の守護石」「謙虚の石」「心の平安」を意味するカラーストーンです。

 

ダークブルーカラーシェルのシックなイヤリング・ピアス1

大粒と小粒(12mmと4mm)のアメジストをホワイトシェルのチューブでつないだ印象的なイヤリング・ピアス2

レトーの側にはいつも、
二人の偉大な神
アポロン(太陽)とアルテミス(月)がいます。

女神レトーが、
柔和な性格と深い愛情を持つ
きっかけを作ってくれるでしょう。


ネックレス

サイズ:長さ約38.5~42.5cm トップのスクエアシェルの大きさ 1辺約15mm アメジストの大きさ トップ約8mm/サイド約4mm
素材:ダークブルーカラーシェル・ホワイトシェル・天然石(アメジスト)・金属(真鍮にメッキ)・ガラス・テグス・樹脂
留め具:カニカン(ナスカン)+アジャスタ ジュエリーボックス付き
数量限定

 

イヤリング・ピアス

左1 右2
サイズ:約4cm(丸カン含む、イヤリング・ピアス金具含まず)アメジストのサイズ 1:約4mm玉 2:約4mm玉と約12mm玉
素材1:ダークブルーカラーシェル・アメジスト・金属(真鍮にメッキ)・ガラス
素材2:アメジスト・ホワイトシェル・金属(真鍮にメッキ・ピアスポスト部はステンレスにメッキ加工)・ガラス・樹脂
イヤリングはネジバネ式 ピアス1:フック式 ピアス2:スタッド&キャッチ式
2は数量限定

参考文献
高津春繁『ギリシア・ローマ神話辞典』岩波書店
高平鳴海&女神探求会『女神』新紀元社
山北篤監修『西洋神名事典』新紀元社

レトーのお話に必要な、ギリシア神話の世界形成期(原始~オリュンポス確立)の神族関係を大雑把にご案内。

*いずれのお話も、神話や神々の解釈には諸説あります。*
ここでは、私の独断と解釈で、適当に説を選びつなぎ合わせたり省略しています。 あらかじめ、その点をご承知いただきいただければ幸いです。

■ギリシア神話における世界の形成■
~オリュンポスに至るまでのストーリー~

1、ティターン巨神族 ウラノス神の時代
最初に、カオス(空虚)※2があり、次に、ガイヤ女神(大地) が現れました。ガイヤはウラノス神(天)を生み、ガイヤとウラノスは交わり、様々な神々ティターン巨神族を生み出しました。子供の中でも異形の神々を、醜さゆえに冥界タルタロスへ幽閉したウラノス。それを怒ったガイヤは、子供たちに父親へ復讐するよう呼びかけ、末子クロノス神が、ガイヤの大鎌でウラノスの男根を切り落とし王権を奪いました。この時、父ウラノスは息子クロノスに「お前も自分の息子に王位を奪われるだろう」と予言します。

※2 カオス:現代は「混沌」と訳されますが、神話上では恐らく「空虚」の意?

2、ティターン巨神族 クロノス神の時代
新たな王となったクロノスでしたが、ウラノスの予言を恐れ、妻レアー女神との間に生まれてくる子供を次々飲み込んでしまいます。それを怒ったレアーは、末子ゼウスをガイアに託し、ゼウスの代わりに、産着で包んだ石をウラノスに飲ませました。
成年したゼウスは、父クロノスに反旗を翻します。まず、父クロノスに薬を飲ませ兄弟姉妹たちを吐き出させました。そして、ゼウスと兄弟姉妹たちは、クロノスとその兄弟姉妹たち=ティターン巨神族を倒しゼウスが新たな王となりました。

3、オリュンポスの時代へ
新たな王ゼウスのもと、オリュンポス山の山頂に主要な神々が集いました。神食(アムブロシアー)を食べ、神酒(ネクタル)を飲み、不死である神々の園オリュンポス。ティターン神族を倒したゼウスの兄弟姉妹と、ゼウスの子からなる「オリュンポス12神」(もしくは単に12神)たちが、世界の秩序について語り合い、決定していく働きにつきました。

ギリシア神話は、このオリュンポスの時代から、人間との関り・英雄伝説・戦争などストーリーが展開されていきます。

ギリシア神話における主要な神12柱
ヘスティアーとディオニュソスは説により入れ替わるため、13柱あります。
☆:クロノスとレアーの子すなわち主神ゼウスの兄弟姉妹
◆:ゼウスの子

    主に担う働き
ゼウス 主神・天空神
ヘラ 主女神・ゼウスの正妻
女性・結婚・子供の守護
アテナ ◆ゼウスとメティス(ヘラの前の正妻)の子 知恵・工芸・戦争(戦略)
アポロン ◆ゼウスとレトーの子 芸術・音楽・医療・予言・太陽
アフロディーテ ウラノス神の切り落とされた男根より生じた説
◆ゼウスとディオーネの子の説諸説あり
愛欲・美
アレス ◆ゼウスとヘラの子 ) 戦争(狂気・厄災
アルテミス ◆ゼウスとレトーの子 狩猟・森林・純潔・月
デメテル 農耕・大地
ヘーパイストス ヘラの単独出産 (◆一応ゼウスとヘラの子) 鍛冶
ヘルメス ◆ゼウスとマイアの子 伝令・旅人や商人の守護
ポセイドン 海の神
ヘスティアー かまどの神・家庭生活の守護
ディオニュソス ◆ゼウスとセメレーの子 酒神

ヘラの子は、アレス(戦争・狂気・厄災)とヘーパイストス(鍛冶)です。
レトーの子は、アポロン(芸術・音楽・医療・予言・太陽)とアルテミス(狩猟・森林・純潔・月)です。
この表を見ても、「レトーの産んだ子は、ヘラの子よりも偉大な神になる」という予言をヘラが執拗に気にしたことがわかります。
嫉妬深いことで有名な怖いヘラですが、とても素敵な伝説や深い話があり、いつかは、ヘラをテーマに制作したいと思っています。

※1 ローマ神話との神名対照

ギリシア神話   ローマ神話
レトー ラトーナ
アポロン アポロ
アルテミス ディアーナ